ホームページセキュリティについて

ホームページセキュリティについて

常時SSLのSSLのからの警告

すべてのWebページにSSLが設置をGoogleが自社のブラウザーChromeにより。「保護された通信」と「保護されていない通信」を7月24日から明確に表示させるということです。

セキュリティ

WordPressのケース

WordPressを活用していると弊社の管理サイトでも年間約20サイト程度は悪質な第三者の攻撃を受けています。そのための対策として、サーバーホスティング料金は、一般のレンタルサーバより高額にはなりますが、AWSとセキュリティシステムを活用しています。
つまり、安全なWebサイトを運営するにもノウハウと費用が掛かるということです。

ログインページの暗号化

ホスティングサーバの対策だけではなく、WordPressのログインID・パスワードやログインページのURL自体もセキュリティを講じる必要があります。WordPressのケースでは、プラグインのマメなバージョンアップも重要になります。
更に強固にするには、前日までのバックアップを行って、攻撃を受けた形跡があれば、すぐにシステムを入れ替えてしまうなどの対策も必要です。

ですから、ホームページ制作を依頼する時はこのような対応がWeb制作会社が行ってくれるのかを確認してください。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your comment:

Your name: