CMSの機能を最大限に活用するWebサイト構築

CMSの機能を最大限に活用するWebサイト構築

CMSの機能を活用するには?

CMSの代表格であるWordPressを利用しているWeb制作会社やWebデザイナーは、WordPressのプラグインなどの便利性や豊富なテンプレートに価値を感じているようですが、やっぱりDB(データベース)を活用する上で、CMSの最大の特徴は、動的ページの活用であると私は考えております。つまり、如何にユーザーが求める問題解決策をスピーディに提供できるシステム設計が必要だということです。そして、それが簡単にできるのがSMSのではないでしょうか?

オウンドメディアを構築するにもWebマガジンを制作するにも動的機能の活用が大切なります。

Amazon

CMS 動的ページとは?

一般の方に動的ページと言ってもわかりにくいでしょう。Web担当様やウェブデザイナーなら意味も理解できるでしょうが、一応、動的ページについて開設をしておきます。簡単に表現すると、動的ページはアクセス毎にページをDBが自動に作成するページです。WordPrfessはプラグインなどを使用しなくてもものすごい機能が付帯しています。この『動的ページ』(動的サイト)とは、簡単に言うとアクセスがある度に、リアルタイム(動的)にページを制作するので、ユーザーの望みのページを自動生成するように設計するとユーザーはとても便利なホームページだと感じてもらえます。

工務店のホームページなどは、この機能で実績をユーザーの好みに合わせて表示させる事ができます。料理や複数の実例・実績・商品などがあるサイトではとても有効です。また、オウンドメディアやブログ更新などを行っているホームページではとても役立ちます。

SEO対策的にも

SEO対策的にもカテゴリーページを充実させる必要があります。つまり、ユーザーはTOPページなどには興味を示しません。一つの商品やサービスだけのホームページなら問題はありませんが、多種のサービスや商品を扱っているサイトでは、ユーザーが選択したキーワードの情報だけを訪問してもらうようにカテゴリー設定をしなけれbなりません。また、別の角度からカテゴライズされたカテゴリーのページも必要かもしれません。問題は、ユーザーの求めた情報についての的確な応えが出せる動的ページのシステムを構築する必要があります。

Amzonのように

Amzonを利用していると優れたWebサイトのあるべきスタイルを知ることができます。そもそもAmazoのTOPページとは、どんなものでしょうか? Amzonで常に表示されるTOPページはMyページになります。つまり、私がAmzonを利用する時には、私のMyページがTOPに表示されます。過去に自分が興味を持った商品や欲しいものLISTに入れた商品が表示されます。物販サイトでなくても同様です。ユーザーが抱えた問題点の解決策をスピーディに表示させ、便利で役に立つホームページにしないとブランディングも構築されないし、ホームページからの売上は拡大しません。

お客様もWebデザイナーも間違えるホームページつくり方

TOPページからデザインや構成を考えデザインを始めるのですが、ホームページは書籍ではありません。はじめに・目次から丁寧に読む書籍とは異なります。ユーザーが抱える問題点の解決策であると感じたタイトルとディスプリクションのページに訪問します。つまり、TOPページやサービスなどのページを飛び越して目的のページを探します。TOPページからメニューを選んで、順番よく目的のページを探してくれません。ましてスマホのメーニューなど利用するユーザーは殆どいません。また、以前のようにサイト内を「色々みてもらって・・・」なんて、考えていると各ページで50%以上の離脱率により、目的が見えないままのホームページとなります。

ですから、ランディングされるページから制作する必要があります。「ここで、ユーザーに資料請求をしてもらう」と考えるとコンバージョンレートも高まります。そのためにどの情報をスピーディに提供すればコンバージョンレートが向上できるのかを動的ページの設計を考える必要があります。

カテゴリ・タグの設計

カテゴリーページとタグページをWeb制作当初から設計する必要があります。例えば、マテリアルで選びたいユーザーでも、地域で選ぶのか? 様々な選択がユーザーにできるように、そして、それらのタグページやカテゴリページのテンプレートを作り上げる必要があります。そして、このカテゴリの時には、このバナーが表示さっるとか?そのへんの細かな接液が需要です。それらを踏まえてCMSを活用されるとホームページの効果は何倍にも膨れ上がります。ただ、テンプレートや利便性でWordpressなどをご利用のWebデザイナーは、じっくり動的ページの要素をお考えください。

なぜ、動的ページを活用するのか?

ブログの更新により、コンテンツをカテゴリー・タグで整理して、オウンドメディアを構築することができます。販売サイトなら的確にユーザーの求める背用品を提示することができます。TOPページのイメージだけにこだわって、一見のイメージを考えるホームページでは一巡したしたところで、「あの人、イケメンだけど中身ないよ」なんて言われてしまいます。つまり、ユーザーは、きれいなホームページを見て感動する時代ではないのです。自分を変化させてくれるコンテンツ。自社の課題を解決してくれるコンテンツを探しているのです、ですからそれに応えるのがWeb制作であり、動的機能を活用することで簡単にユーザーの心をつかむホームページが運営できます。

リアルで人気があってもWebでの人気は?

リアル店舗やリアルな営業では、親切な企業であると評価されても、その店や企業のホームページが不親切に制作されているとネット上のイメージはマイナスになり、企業の成長は望めなくなります。ホームページ上でユーザーに親切なコンテツづくりを動的機能で作り上げることによって、ユーザーに満足感を与え、業績拡大に繋がります。

動的ページをしっかりと構築しているとリニューアルやイメージチャンジに有効

当社では、クライアントの売りが状況により、主要ページを簡単にリニューアルできます。それは定額の毎月の保守料でまかないます。それは、この動的ページをしっかりと作り上げているのが理由です。見せ方を変えて、ユーザーの変化に対応することもできます。Web制作を業にしているWeb制作会社では、なかなかできない差ぎゅになるかも知れませんが、当社は、「効果のあるウェブサイトの提供」がコアコンピタンスです。そろそろ多くの企業様も「ただホームページを作っても効果がない」と気づいている頃でしょう。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your comment:

Your name: