「お金で買えないものを売る」差別化を図るWeb制作コンテンツ

「お金で買えないものを売る」差別化を図るWeb制作コンテンツ

モノが売れない時代のホームページ制作戦略と経営に重要な要素であるWeb戦略。

毎日のように既存のルールが変更し、私たちの知らないうちに世界は大きく変化を続けているようです。既存顧客にホームページを制作することによる売上拡大につながる理由をお伝えします。目に見えない「お金で買えないものを売る」事業をコンテンツ化する必要があるのです。ですから、商品や製品にフォーカスをするのではなく、商品購入さやに向けたサービスや親切・思い出つくりなどをコンテンツにする必要性の高い時代なのでする。そんな競合他社と差別化を図るWeb制作コンテンツを制作してください。

KPI

KPIの設定とPDCAの重要性

今流行のマーケティングのKPI(重要業務指数)を考慮したとき多くの営業を必要とする業態では、以下の3項目のKPIが重要になるのではないでしょうか?
1. 見込客獲得率(リード獲得率)
2. 成約率(コンバージョンレート)
3. 生涯獲得率(LTV)

この3項目に対してのPDCAによる数値を高めるということです。しかし、意外と多くの企業様が持っていない概念が「見込客」です。しかし、どんな事業でもこの見込客は存在します。この見込客の獲得にホームページを活用すると売上という成果に結びつきやすくなります。そこで、1〜3の各Keyにフォーカスして、小さなPDCAを数多く高速回転させる必要があります。何故ならば、この方法はモノが売れない時代に継続した売上拡大が可能になる唯一の方法だからです。そして、上記の「3.生涯獲得率(LTV)」つまり、固定客・リピーターという指数になりますが、この上記3の生涯獲得率(LTV)に力を入れると継続した売上拡大につながります。ですから、この部分が意外と重要なのです。
しかし、多くの企業がWebの活用ができているのに十分な活用を行っていません。

商品マニュアルやアフターフォロのためのWebコンテンツづくり

例えば、既存顧客向けた「マニュアル」や「自社製品の部品について・自社商品についての問題解決策」などといったものをホームページのコンテンツにすることにより継続的な売上拡大に繋がります。そして、ITを活用することで日々の人件費を削減することもでき働き方改革にも対応できます。購入者からのお問合せの対応などの人件費を削減することもできます。弊社のIT企業のクライアントでは、LINEなどを使ったBOT機能のあるITソリューションなども販売しています。

ブランディングを考えたLTVの活用

今、重要視されているブランディング構築にも繋がります。生涯獲得率(LTV)とは、業績拡大にはとても重要な要素なのです。
一般的に商品の評価ができないユーザーには、既存顧客サービスをする企業の姿勢が買われるのです。このようなことを踏まえてホームページを戦略的に制作することで信じられないリアルな成果を得ることができます。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your comment:

Your name: