Webでのユーザー動向が変わった。それにどのように対応するのか?

Webでのユーザー動向が変わった。それにどのように対応するのか?

ユーザーは常に変化します。その変化に対応するのホームページ作りが大切です。

スマホでインターネット接続をするユーザーが増え、スマホファーストの考え方が常識的になりました。しかし、B2BのビジネスではPCユーザーが以前と多いいのも事実です。しかユーザー的にスマートフォンを利用しているユーザーがPCでWebを利用する時もスマホ的にPCを利用する傾向になってきたようです。

web制作

ホームページを閲覧する人の動線の変化

ホームページを閲覧する人の動線はZ動線と言われていました。それが「T」動線に変わり、今や「I」操船に変わりました。ですから、ホームページも1カラム(サイドバーを利用しない)Webデザインが主流になりました。それらを意識してWebデザインをする必要があります。PCはZでスマホはIだという理解より、どちらも「I」動線に対応する必要があります。

検索をもっと便利に!

人は「よりもっと」を求めます。職業別電話帳で業者を探していた時代に比べるとGoogleやYahooの検索はとても便利です。しかし、今やスマホで検索するユーザーは特に、探しているキーワードのコンテンツをズバリ表示してくれるホームページ構造になっていることを望みます。ですから、スマホのハンバーグメニューを嫌います。そこで親切にメニューと記載しても意味はありません。

検索されて、クリックしたところで、すべての自分が望む情報を提供してくれるコンテツを望みます。そうでなければ、メニューを利用せず、検索サイトに戻り他のサイトに訪問します。

片手で、スルスルとスクロール

スマートフォンユーザーは。片手で、スルスルとスクロールをして利用するのがスマートフォンなのです。そのためスマートフォンを利用する人は、ものを立てに見る癖がついています。

また、余談ですが、電車でスマホを見ている人の姿勢は、みんな同じです。歩きスマホも同様です。スマホユーザーの姿勢もスマホの普及で変わりました。

検索ユーザーの検索スキルが向上してきた

ビックキーワードよりも、複数キーワードやニッチなキーワードを上手に利用するユーザーが増えました。弊社でも「なんで社長は、簡単に情報を見つけられるのですか?」という質問を受けたことがあります。SEO対策を学んで行くうちに検索の方法がわかってきます。おそらく、多くの人が私まで行かなくても上手に検索するスキルを知らず知らずにスキルアップしているのでしょう。

その証拠にホームページのトップページに最初にアクセスする率が20%を切っています。ですから、ホームページ制作で、トップページから制作するWeb制作会社は、これらを理解できていません。落とし所であるランディングページからホームページを作ると成果が得られる、いわゆるCVR(コンバージョンレート)の高いホームページを作成することが出来ます。

スマホファーストのためのレスポンシブWebデザイン

B2Cのようなビジネスでスマートフォンユーザーが多いいと思われるケースでは、一見有効に感じるWebデザイン方法ですが、明らかにスマートフォンユーザーが多いいケースでは、スマートフォン専用サイトの方が高い成果を得られます。

スマートフォン専用サイトだとGPCなどを活用して、ユーザーのいる場所によってコンテンツを変更することが出来ます。それらを踏まえてWebプロデューサーの力量が高い成果を生み出します。

やっぱりAmazonは最高のWebマーケッター

一度、Amazonを利用した人には、AmazonはTOPページを表示されません。すべてマイページになります。購入履歴やほしいものリスト関連の商品など、私が望んでいるであろう商品を表示します。このようにユーザーが求めるコンテンツを個々のユーザーに合わせて表示させることができるとユーザーも嬉しいし、商品も沢山売れるでしょう。

Webユーザが変化しています

最後にこのようにWebユーザーの銅壺も変化しますが、そもそもの商品や販売方法も変化させることが必要です。なぜならば、「人間は、常によりもと」を求める習性があるからです。ホームページだけ、変化に対応しても、そもそも商品やその販売方法、ビジネスモデルの変更も必要になるということです。これかをコンサルティングしながらホームページ制作をする必要があると私は考えています。

私たちは、このようなWebデザインを行うために、日々勉強会などを開いたり、調査したり、テストしいます。東京から移住して信州の松本でこんなことを中小企業向けに行っているのがATFです。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your comment:

Your name: