ブランディングとは?

ブランディングとは?

ブランディングとは? 自社のコアコンピタンスを作り上げることから始める

ブランディングとは、他社との差別化を図る上で、自社の商品・企業をブランド化するということです。まずは、プロダクトが他社と差別化されている必要があります。そして、サービス・デザインなどが他社より優れていなければなりません。また、企業のブランディングならその企業のコアコンピタンスが必要です。でなければ、そもそもブランディングの構築はできません。そして、ホームページやSNSでそのコアコンピタンスを多くのターゲット、もしくは、ターゲット周辺への認知度を高めなければなりません。そして、それには、そのコアコンピタンス(競合他社を圧倒的に上回る能力)がイメージできるネーミングが必要です。

「ブランド」というのは、簡単に言えばある商品を別の(類似した)商品から区別するための一連の要素です。商品のデザインやシンボルマーク、商標、名称、キャッチフレーズ、記号など、様々な要素が組み合わさってブランドを形作ります。そして、そのような「ブランド」を消費者に認知させ、市場における自社(商品)のポジションを明確化するのが「ブランディング」という活動です。分かりやすく言うと、「〇〇といえばあの商品」「このシンボルマークはあのサービス」…といった意識をターゲット市場に浸透させるのがブランディングという活動の目的です。

ブランディング WEB

ブランディングを構築するのは実績です。

多くのユーザーは商品の優劣が理解できないケースが多くあります。技術力やサービスの質が高くてもユーザーには理解できません。例えば、弊社のようなWeb制作ならその実績がブランディングとなります。その中に、有名企業の実績があれば、それなりの高いイメージのブランディングが構築できます。また、実績で自社が「その企業からセグメントされているのか?」を知ることもできます。つまり、売り手が買い手を選ぶ現象が成立します。ブランディングが構築されるとこのような状況が発生します。ただのイメージ戦略とブランディングは大きく異なります。

工務店のホームページからブランディング

工務店のホームページでは、実績・お客様の声・見学会告知をメインに制作しています。要するに、ユーザーが見たいコンテンツは、工務店のケースではこの3つです。そして、この3つがブランディングを構築する素材となります。つまり、実績数が多いことでその企業の信頼度が伝えられます。お客様の声で顧客との良好な関係がホームページ閲覧者に伝わります。それらが工務店のコアコンピタンスとなりブランディングが構築できます。それらが工務店のコアコンピタンスとなりブランディングが構築できます。

多くのWeb制作会社のいうブランディングは間違っている

上記のように日々の営業で作り上げたコアコンピタンスや理念からブランディングが構築できるのです。多くのWeb制作会社のいうブランディングは間違ってはいませんが、考え方が足りません。商品のブランディングも同様です。日々築き上げたものを「どのようにデザインするのか?どう伝えるのか?」という問題になります。まず、ブランディングを構築する上で、企業や商品の強みはなんなのか?企業のコアコンピタンスを構築する必要があります。そして、ブランディングを行うには、接客態度・オフィス内外・電話対応・ロゴマーク・ユニフォームなど顧客と接する部分をデザインする必要があります。ですから、ブランディングは計画的に時間を掛けて行わなければならない作業になります。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your comment:

Your name: