カチャカチャと検索して、ドンピシャリコンテンツを

カチャカチャと検索して、ドンピシャリコンテンツを

AMAZONのようなホームページ制作

人は問題解決や自己の変化のために情報をもとめ検索サイトを利用します。そして、その先にドンピシャリのコンテンツを見つけられないと、ユーザーは検索サイトに戻って、次のサイトに移動します。昔のようにメニューをクリックして、そのホームページで、求めたコンテンツを探すわけではありません。何故なら、ユーザーはドンピシャリのコンテンツがインターネット上にあることを知っています。そして、それが最も自分の求めるコンテンツにたどり着くための方法だと確信しています。とくにスマートフォンならなおさらです。スマートフォンは、「ソファーに座って」「歩きながら」「電車に乗りながら」「コーヒーを飲みながら」・・・という、何かをしながら利用するものです。

専門ホームページ

ユーザーが探しているコンテンツをドンピシャリ

複数のカタログのようなホームページを作っても売れません。実際、このブログを読んでいるあなたも、思うようにホーぬページが機能しないと感じているのではないでしょうか? そこで一つの商品にファーカスを当てた専門サイトや製造者の物語がコンテンツになったホームページからは大きな成果が得られている成功実績があります。つまり、ユーザーは、「カチャカチャと検索して、ドンピシャリコンテンツのあるサイトで、自己の問題解決をします」。これは、インバウンドマーケティング的でコンテンツマーケティング的でもあるのですが、ちょっとこの2つのマーケティングの要素だけではありません。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your comment:

Your name: