Webコンサルティングのナレッジ

Webコンサルティングのナレッジ

ホームページで売上拡大

世の中にはたくさんいるWebコンサルティングですが?

Webコンサルトタントには資格はありません。大切なのは実績です。Webリテラシーが高いだけ・ホームページに詳しいだけでもWebコンサルトタント名乗ることはできます。しかし、私の本業はWeb制作とマーケティングコンサルタントで、自分から営業に伺うこともありません。そして、私の考え方は書籍「小さな会社のマーケティングとは」にメゾットして記載されています。要するに本質的なマーケティングが理解できないとWebコンサルタントとして、世の中の人のために仕事をすることはできません。世の中の人に役に立たないビジネスは存続や継続することができません。まず、この辺を抑えておく必要があります。

Webを活用するユーザーの変化を観察する研究するのがWebコンサルティングですが?

Webコンサルトタン・ホームページ研究科として、ユーザーがホームページを見るときの意識や行動に変化があることを知る必要があります。これは自己による調査・専門データーの解析などが必要になります。この仕事が天職だと思える人でないと行えない作業です。つまり、スマートフォン全盛期に入ってユーザーの視線のながれも変わりました。スマホは直線的に見ます。リンクを嫌います。長いページで目的を達成してもらうようにすることです。また、リンクが増えるとユーザーは、色々なページに移動ができるのですが、7ペーも見ると言うことは、問題解決のためにホームページを検索して、目当てのコンテンツにユーザーがたどり着けなかった認識する必要があります。こんなノウハウはブログに書くけるノウハウとも言えない内容です。大切なのは、お客様から期待以上の成果を提供することです。

Webコンサルティングのオタクではありません。

マーケティングコンサルタントの仕事は、クライアント様の事業内容を真俯瞰視して、数値化することから始めます。つまり、データドリブンの考え方です。それを私はホームページの評価にも使います。そして、海外のWebツールなどでも分析をします。ですから根拠のない提案や指導を行いません。これは私が海外大手IT企業で30年以上マーケティングに携わってた成功の経験値とノウハウです。まず、そもそもからものを考える思考により、普通の人には見えないものが見えるのです。

WebWebコンサルティングは英語ベースの情報を収集します

日本のWeb界はアメリカなどよりかなり遅れています。それは、SEO対策やウェブテクノロジーも同様です。インバウンドマーケティングなどの概念もすべて英語ベースでまずは情報が流れます。SNSも同様です。それらを日常の生活中で情報収集します。もちろん、マーケティングなどの書籍も日本語・英語書籍とも読み込みます。Web研究科とは言いませんが、常に研究型のWebコンサルティングを行っています。しかし、日本にも研究型Webコンサルティング ペンシルさんが福岡にあります。その創業者からのアドバイスで、当社も全国展開しました。このペンシルさんは大手の受注を福岡で上kています。福岡から世界へをテーマにしています。当社も東京都港区の品川駅近くのビルから信州松本・長野発信の日本一の顧客に利益を与える中小企業向けWeb制作会社を目指しております。インターネットの時代だからできるビジネスです。

webコンサルティングはPCを壊す

インターネットがなかったら?

Facebookで世界中に友だちを作ったり、アイダホ州出身のアメリカ女性と知り合うこともできません。なにか調べるときに図書館に行かなければなりません。ちょっとしたものを買うときや本を探しているときにAMAZONを利用することもできません。そして、もしスマートフォンがなければ、重いカメラをもって観光をしなければなりません。このようにインターネットの恩恵とその特性を理解して、常に変化するユーザーを横目で捉えて、売れるホームページ作りを行うのがWebコンサルタントです。

Googleで検索されるサイトとYahooで検索されるサイトは違う

多くのWebコンサルティングやWeb制作を行っているとGoogle アナリティクスで参照元をみると、すべてのホームページが同じ検索サイトから検索されているのではないのです。Google検索からのアクセスが多いいサイト、Yahoo検索がアクセスが多いサイトと異なります。それは、扱い商品やコンテンツにより異なるのです。となるとリスティング広告をどこで使った方が有利なのかが分かります。また、当社では無料のGoogle アナリティクスではなく、Adobe Analyticsを利用しています。カスタマイズできるAdobe Analyticsは、アクセスの分析に価値ある発見ができるケースもなたく、MA(マーケティングオートメーション)・SRMなどとの連携も履かれ効果的です。

Webコンサルティングの仕事はホームページを作る前と後が大切

ホームページを成功させるには、ホームページ制作を行う前段階が2番目に大切な作業です。ですが、コンサルティングを行うのは、既存のホームページになります。ですが、この時点にもう一度立ち返り検討をします。ほとんどの中小企業のホームページは、この部分を手抜きます。そして、1番大切なのがホームページ公開後のホームページ運営です。ホームページ制作の成功を決めるのはユーザーとなるからです。ですから、ホームページ運営がホームページ制作成功の鍵になります。修正・追加・ブログの更新などホームページからリアルな成果を得るにはとても重要な作業です。

私のWebコンサルティングのナレッジ

私の書いたAMAZONで人気の書籍「小さな会社のマーケティングとは」には、Web関連の記述はあまりありません。どちらかというと経営に関連するマーケティングの話と広告系のセールスプロモーション(ネットではこれをマーケティングと読んでいる人が多い)の話です。しかし、これも中小企業のコンサルティングを行っている上での私のナレッジです。そして、それを支えるスタッフが持つナレッジをこのブログで露出させます。

稼げるホームページ制作には、SEO対策より大切なコトがある

SEO対策などいいビジネスモデル構築すれば、関係のない作業になる。また、Googleのガイダンス通りに作れば、特別なSEO対策は不要です。それよりも質の高いコンテンツを制作する方がSEO対策になります。重要なのはキーワード設定です。これを間違うと期待したせいかは得られません。しかし、これもホームページ運営をしっかりやっていれば問題はありません。まず、コンバージョンレート(成約率)の高いホームページ制作を行うことが最も重要な作業になります。何故ならば、もしコンバージョンレートが高いホームページが構築できれば、アクセスを増やせば売上は上がります。そしたらリスティング広告を利用して、期待以上の売上を上げることができます。つまり期待以上の売上を上げるには、正しいホームページを成功させる作業の順番を守ることです。ひとつひとつ集中した作業が必要になります。

医師のように顧客問題を指摘して、解決策を提供するホームページ制作

ユーザーは検索サイトで、自分の変化できるコンテンツ。自己の抱えた課題や問題の解決策を探します。当然複数ではなく、ひつの問題で一つの問題を解決を探します。例えば、言葉の意味がわかならければ、その言葉の意味をわかりやすく丁寧に説明するサイトが気に入ります。つまり、ホームページはそんな人の問題解決差が一番最初に提示されなければ、そのサイトで問題解決策を探すのではなく、検索サイトに戻ってしまいます。これらのユーザーの行動を理解しないと稼げるホームページは制作できないということです。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your comment:

Your name: