売上UP150%、Webコンバージョン300倍のコンサルティング型戦略的Web制作の成功例

売上UP150%、Webコンバージョン300倍のコンサルティング型戦略的Web制作の成功例

売上UP150%に成功したコンサルティング型戦略的Web制作とは

今回の成功例は、宅配の弁当屋さんです。まず、ビジネスモデルについてのコンサルティングを行い利益率120%UP、売上の拡大130%程度に成功しました。それは、まず、に代わりお弁当のメニューを1品に絞ることでした。この1品に絞るということは、「選択と集中」でありWebでも効果が得られる考え方です。そして、それを弁当屋さんのホームページであまり見られないデザインに気を使って制作してみました。

150%売上アップWEB

このサイト
https://wagayanogohan.com/

1品に絞りメリット

複数の商品を持っていると、「お客様が選んでくれる」というサービス精神から発生するのですが、毎日「選択させられる」苦しみを顧客に提供することにもなります。例えば、売れていない食堂に行くと天井下の壁にお店全体にメニューがあって、選択に悩まされます。そして、出前などもしています。また、毎日の夕飯の献立が決まっていれば主婦も悩みが一つ消えるのではないでしょう。

ホームページでも同様です。カタログを貼り付けたようなホームページでは、「選ぶ」以上に選択が出来ず、検索ユーザーは、何かの目的を持って探しているのにホームページたどり着いて、「更に探してください」ということになります。「選ぶ楽しさ」と「選ばなくて良い便利さ」を対比しました。特別な食事ではなく、毎日のルーチンワークの中の昼食のメニューを考える負担もありません。以前は2つの選択とオプションメニューがありましたが、それを1つにまとめました

コンサルティングで売れやすい商品づくりのアドバイスからホームページ制作まで

売りやすい商品を開発すれば、売り方は簡単です。出来るだけ他社と異なったウェブデザインを行うのです。そして、できるだけ1品をホームページで訴求することに徹底します。

例えば、Amazonで、上のようなバックを購入しようとするとき、同じような商品でもサムネイル画像が多い商品を選ぶのは当然ではないでしょうか?、画像情報の多い方が購入しやすいのです。ですから、1商品にこだわるということはとても重要なことなのです。せっかくホームページを作るのだから「あれもこれも」掲載しようという「欲」のようなものが、失敗の原因となります。

1品に絞ってホームページを作る重要性

1品を掘り下げて、1つのホームページを作るコトが重要だということです。それには、Webデザインを行う前のヒヤリング・インタビューなどのコンテンツ作りのための情報を取得するための時間と手間がホームページの成功に繋がります。

リニューアルで140%以上のコンバージョンを獲得

多くのホームページリニューアルで、私たちは、最低、140%以上のコンバージョンを獲得を約束します。それは、既存のホームページの問題点がよく分かるからです。例えば今回のケースでは、店主のイメージしたホームページと大きく異なって提案になります。前回は、知り合いに頼んだという安易さがありました。ですから、今回、売上は150%上がりましたが、ホームページでの成果は500倍程度になります。

そもそも人々が検索を利用する理由を考える

ホームページなどのWebは広告という昔の媒体の概念と異なり、ホームページに訪れる方は、街角で見るポスターや看板、TVで見るCMとはことなり、何かの目的を持って利用します。しかし、多くのホームページは、以前の媒体の概念でホームページ制作されています。まず、この呪縛解く必要があります。そして、美しいデザインよりもふんだんにある異なったコンテンツを凝縮するものではなく、絞り込んだターゲットに絞り込んだ商品のコンテンツを掲載したホームページでなければ、ビジネス効果は得られないということです。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your comment:

Your name: