99%の中小企業がやっていないホームページ制作での稼ぎ方

99%の中小企業がやっていないホームページ制作での稼ぎ方

99%の人が知らないホームページの成功例

ホームページ制作を行う上で、SEO対策からではなくコンバージョンレートから考えるには、一つの大きな理由があります。まず、コンバージョンレート(成約率)が高いサイトを構築できれば、SEO対策やリスティング広告の出稿数を上げればよいのです。つまり、コンバージョンレート0.5%のホームページだと1000アクセスをリスティング広告を行わないと、5つの商品しか売れません。しかし、コンバージョンレートが5%のホームページでは、50件の販売件数を稼げます。つまり、まず、最初にやるべきことは、ホームページでの目的達成をするための購入・お問合せ・資料請求などのアクセスに対する成約率であるコンバージョンレートを高められれば、SEO対策やリスティング広告で売上拡大ができるのです。それが、戦略的なWeb制作の一つです。

コンサルティング型戦略的ホームページ制作

直接的な売上を目標にしないホームページ制作

ホームページ制作を行う上で、SEO対策からではなくコンバージョンレートから考えるには、売り込みではなく見込客を獲得することを目的すると最終的な売上UPにつながります。まず、ユーザーに求めるハードルを下げることにより、見込客を取り込めます。ある種インバウンドマーケティング的です。顧客に選んでもらうためのコンテンツを作ります。ですがオウンドメディアを作るわけではありません。あくまでも中小企業のホームページでは、コンバージョンレートを高めることを目的にします。多くのブログなどで書かれている大手企業のWebサイトを作るのではなく、ホームページという中小企業が業績を拡大をするためのホームページ制作をするべきです。

専門店の専門商品をアピールするホームページの成功例

沢山の商品群からカタログのなようなホームページ制作を行っても売れません。大切なのは、専門店の専門サイトです。これから商品を絞って、一つの商品にフォーカスしたホームページに変更していきます。現在お問合せのあった地方の税理士法人ですが、相続・事業承継・医療などの様々なコンテンツがあります。この一つづつのキーワードの地方のエリアアクセス数はとてもコンバージョンレートを高める前に、そもそものアクセスをするユーザー数が不足しているケースもあります。そんなケースこそそれぞれの独自ドメインで、専門サイトを複数サイトを制作するべきです。一つの企業案内パンフレットをホームページにしたようなサイトやカタログのようなサイトでは、キーワードが分散して、SEO対策的にもコンバージョンレート向上目的からも外れます。

ホームページ制作する側とそれを見る側の視点の違い

ホームページ制作する側では、できるだけ多くの商品を掲載して、できるだけきれいなホームページを作りたいと考えることでしょう。しかし、見る側は、その企業のサイトがきれいである必要性より、自分が検索した問題の解決策がわかりやすいコンテンツとしてホームページに表示されていることを望みます。それは当然のことです。しかし、多くの中小企業の経営者やWeb担当は、「どうせ作るのなら」という概念で、「どうせ作るのに失敗の道をたどります」。そんなケースにでくわすと私は、契約を行いません。失敗するという思われるホームページ制作する必要はないからです。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your comment:

Your name: