Webリテラシーの低い人のためのホームページ講座

Webリテラシーの低い人のためのホームページ講座

ホームページで薬を売る

顧客の抱えた問題の解決策が自己のビジネスでなければなりません。そのため顧客がどんな病気に悩んでいて、その薬が自社の商品であることをホームページで訴求しなければなりません。

Webリテラシーの低い人は、この記事見ないよね!それでも書きますホームページ講座

そもそもWebリテラシーの低い人は、「Webレテラシー」という言葉すら知らないでしょう? そんな人に向けてホームページ講座をブログで立ち上げても意味がないかもしれませんね。でも、この考え方がニッチなホームページ戦略だと私は考えます。もちろん、これもテストになります。つまり、私が立案した仮設を試しているのです。ホームページとは、こんな事ができます。2つのホームページを作って、どちらが成果があるのかをテストする(ABテスト)も簡単に行なえます。どんな人が、どんなキーワードでこのホームページを見つけてお問合せや購入をしてくれたのか?わかるのがホームページです。

メールなど使わないホームページなど見ない人へ

自社の顧客にメールを利用してもらう。ホームページを見てもらうには、ノベルティを提供する方法があります。ネット保険の会社が「ネット申し込みで10000円OFF」などを行っています。IT戦略を促進する上で、人件費を抑えオンライン(ネット上)でビジネスを完結したい保険会社の狙いがあります。もし、自社の顧客層がネットを利用しない人なら、ネットを利用する人を引き込めば、売上は拡大します。ネットからの集客が現状の売上高に付加されるからです。自分がネットを活用しないので、ネット上であなたのビジネスを探している多くのユーザーをあなたは知らないだけです。

ガラケイを使っている経営者の未来はない!

ガラケイを使っている経営者の中にスマホももっているもっている経営者もいる。しかし、スマートフォンとは、「賢い電話」という意味です。「苦手」で「使いこななせない」というあなたの弱点を克服しない限り、あなたのビジネスは成長しません。そして未来はありません。もし、あなたがガラケイしかもっていない経営者なら、今すぐ最寄りのキャリに言っていPhoneを購入してください。手間でも使い方を学んでください。もし、あなたがWeb担当や経営者でないが、あなたの上司がガラケイしか使っていなかったら、「iPhone使わないと時代が読めませんよ!」と進言してください。間違って、らくらくスマホみたいなものを購入させてはいけません。

ホームページで売上拡大ができることを学びましょう

私の経験からすると入場者の少なかった駐車場をブログを作りいつも満タンに入る駐車場にしたこともあります。漢方薬のお店の売上を3倍にしたこともあります。つまり、どんなビジネスでも、顧客の抱えた問題に対しての解決策をしっかりと提示して、その解決策のツールが自社の商品やサービス、もしくは製品であることを伝えられれば、ホームページで売上を拡大することができます。「便利な時代」です。不便なビジネスは敬遠されます。同時者のビジネスモデルを「便利」というキーワードに乗せるのも一つの解決法です。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your comment:

Your name: